スペースRデザイン、塗装や和室で多文化テイスト

スペースRデザイン

リフォーム・リノベ|2020年06月05日

  • twitter

~before~ 以前は全て畳敷きの和室

 スペースRデザイン(福岡市)は、1970年代後半に建設された『新高砂マンション』を、多様なコンセプトでリノベーションし、賃貸物件としての価値向上に取り組んでいる。501号室は、既存の和室や襖を残しながら、アメリカンテイストのデザインを施し、さまざまな文化が共存する空間をつくり上げた。

施工7年後でも家賃アップ

 福岡市地下鉄七隈線「渡辺通」駅徒歩5分の同物件は、福岡市内の天神・博多と、周辺住宅街の境界に位置する、築43年のマンションだ。2004年から、リノベーションによる価値向上に取り組んでおり、501号室は13年に改修を行っている。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ