SEIJOHOME、管理定額サービスを開始

SEIJOHOME(セイジョーホーム)

商品・サービス|2022年11月28日

  • twitter

 首都圏の1都3県で約100戸を管理するSEIJOHOME(セイジョーホーム:東京都文京区)は10月31日より賃貸管理の定額サービスを正式にスタートした。1戸あたり月額1000円(税抜き)で賃貸住宅の管理を行う。

1戸あたり1000円で提供

 入居者募集や入居後の管理、入居者対応、賃料の回収など、通常の管理と変わらないサービス内容を提供していく。

 すでに試験運用でサービスは提供しており、オーナーからの評判が良かったことから、本格実施となった。

 馬場生悦社長は「ITによる業務効率化により、費用を削減できたことから管理手数料を定額にした」とコメントする。

 例えば、入居者トラブルには「FaceTime(フェイスタイム)」や「LINE」などの通話サービスを使い、対応している。設備の不具合は提携する現地の事業者に交換依頼をすることで、遠隔での管理も可能だ。

 今回の定額プランのデメリットは、空室期間中も管理手数料がかかること。そのため別プランとして空室中に管理費のかからない入居賃料の3%の管理サービスを用意している。

 「管理手数料が安いからといってリーシング力が弱いということもなく、入居率も98~100%を維持している。先日、管理受託した物件は9戸中4戸が空室だったが1カ月で満室にした」と馬場社長は話す。

 同社は、2024~25年の間に管理戸数1000戸を目標に掲げる。

SEIJOHOME 馬場生悦社長の写真

SEIJOHOME
東京都文京区
馬場生悦社長(33)

 

(2022年12月5日3面に掲載)

おすすめ記事▶『DX化推進で賃貸仲介倍増 業務の完全見える化を実践』

検索

アクセスランキング

  1. サブリース賃料未納問題浮上

    BLAZE(ブレイズ),ReVie(レヴィー),エレマックス,弁護士法人山村法律事務所

  2. 空室に覚せい剤置き配

    東京税関,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  3. 不動産市場、崩壊の見込み薄【2023年 不動産市場予測】

    一般財団法人日本不動産研究所

  4. 多拠点居住サービス活況

    アドレス,グッドルーム,三井不動産レジデンシャル,GrowHack(グロウハック),絆家,LIFULL(ライフル)

  5. 東京・六本木の仲介会社で爆発

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ