UR都市再生機構、団地の一室をテレワーク利用

UR都市再生機構西日本支社

商品・サービス|2020年07月01日

  • twitter

机や椅子、エアコン設備も充実

 UR都市再生機構西日本支社(大阪市)は5月22日から、同社が管理する団地のモデルルームをテレワーク住戸として入居者への無償提供を始めた。対象は千里青山台団地の既存入居者。自宅近くに仕事場を確保することで、コロナ後の生活でテーマとなる職住の両立を図る試みだ。

入居者に無償提供

 場所は阪急千里線「北千里」駅から徒歩約10分で全1846戸の『千里青山台団地』の一室。以前は生活用品を扱う良品計画(東京都豊島区)との共同リノベーション企画『MUJI×UR』のモデルルームとして活用しており、家具や家電、ソファは全て備え付け。アフターコロナでテレワークが普及する中で、入居者の住環境向上を目的として、テレワーク利用を可能とした。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ