アウトソーシングで業務効率化-コロナ対策編-

その他|2020年05月21日

  • twitter

 人口減少で人手不足が深刻化する中、不動産業界でも自社の業務内容やワークフローの見直しが求められている。不動産会社を対象にした、管理物件の定期巡回や内見同行、物件撮影などの業務を請け負うアウトソーシングサービスが台頭。業務負担の軽減に加え、経費削減や品質向上につながるケースもある。新型コロナウイルスの影響でさらに、利用ニーズが高まりつつある各種サービスを紹介する。

需要高まる管理実務の外注

発注から作業報告までウェブで完結

【定期巡回や物件撮影】

■リクルート、24時間以内に業務完了

 リクルート(東京都千代田区)は、2019年7月から集合住宅共用部の定期巡回や清掃業務を依頼したい企業と働きたい人をマッチングするサービス『エリクラ』を展開している。発注者である不動産会社は、仕事内容や納期を定め同サービスへ登録すると、申し込みから24時間以内に業務を完了させる仕組みになっている。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    2. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    5. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ