1階の半店舗住宅がコミュニティー形成|ビーフンデザイン/プラグ建築研究所

『つながるテラス』

人気物件|2019年11月26日

  • twitter

夜はライトがともり、幻想的な雰囲気となる

 『つながるテラス』は、2017年7月に竣工したB棟と2019年4月に竣工したA棟、さらに既存の共同住宅からなる。通り抜けのできる小路や半店舗アパートなど、コミュニティーを育む工夫を設けた住まいで、相場より家賃が3万円高くても決まる人気物件だ。

キッチンの床にタイルを採用し相場より3万円高い家賃

 ビーフンデザイン(東京都渋谷区)とプラグ建築研究所(東京都世田谷区)が設計を行った『つながるテラス』は1階を店舗としても利用可能とした長屋だ。

引き戸をオープンにすると外との一体感が楽しめる。この空間に「週末コーヒーショップ」が。階段を上がるとプライベート空間へつながる

引き戸をオープンにすると外との一体感が楽しめる。この空間に「週末コーヒーショップ」が。階段を上がるとプライベート空間へつながる

 同じ敷地内に2棟、時期をずらして建てた。第1期で竣工した全7戸のB棟には「週末コーヒーショップ」が入った。玄関扉の引き戸を開ければ、オープンカフェのような開放的な店となり、前を通る人たちとも会話を交わしやすくなる。カフェが休みのとき、店主は1階の店舗空間をリビングとして使う。半店舗アパートならではの暮らしぶりだ。

 同店舗が入居者や地域との交流を活発に行うことが奏功し、第2期(A棟)には、「2拠点で活躍する焼き菓子店兼教室」が入居し、コミュニティーに広がりが生まれている。


右側奥にはガラス張りの浴室とトイレ。空間を効果的に使い、水回りと居住空間が違和感なく共存

右側奥にはガラス張りの浴室とトイレ。空間を効果的に使い、水回りと居住空間が違和感なく共存

 B棟の1階には土間のほか、浴室やトイレなどの水回り(一部住戸除く)を設け、店舗利用可能な間取りとした。土間の素材にはカラフルな色とデザインが特徴のベトナムタイルを使用。1階からの階段は木材を使った透かし階段とし、開放感を高めた。2階にはダイニングキッチンやロフトを設け、3階に上がると寝室としても使える居室となっている。空間を上手に使い、ロフトを二つ設けたプランもある。


キッチン後ろのベトナムタイルや、右側の茶色いココナッツタイルが印象的

キッチン後ろのベトナムタイルや、右側の茶色いココナッツタイルが印象的

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. フェイスネットワーク、居住用不動産への投資堅調

    フェイスネットワーク

  5. 大阪府住宅供給公社、団地内にシェアサイクル設置

    大阪府住宅供給公社

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ