第1回 全国支部長会議を開催

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

企業|2014年04月26日

  • twitter

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(東京都中央区)は4月16日、今年度1回目となる全国支部長会議を開催した。
全国の各支部より47人の支部長が集まり、本部・支部活動に関する報告、意見交換会を行った。
冒頭三好修会長が登壇し、相続税支援コンサルタントの必要性を訴え、管理会社の事業領域拡大に今後も務めていく方針を示した。

会議の前半は、今年度注力する3つの重点活動を発表。
内容は「『賃貸住宅管理業者登録制度』の法制化と『賃貸不動産経営管理士』の国家資格化」「コンプライアンス遵守の推進」「個人住宅の空き家流通・管理の研究」。
特に賃貸住宅管理業者登録制度の法制化について、末永照雄常務理事は「管理業のスタンダードは未だ確立されていません。同事業を定義化するために法案の骨子作りに取り掛かります」と話した。

後半は国土交通省と意住宅局住宅総合整備課長の里見晋氏が登壇し「国土交通省からみた空き家流通に関する考え方」をテーマに講演した。
その後、意見交換会を行った。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    2. 家賃支援給付金「家主に行き届くことが大切」(自民党・木原誠二議員インタビュー)

    3. スペースリー、VRに問い合わせ5倍

      スペースリー

    4. AMBITION、不動産テック事業を柱に

      AMBITION(アンビション)

    5. 全宅連、銀行の不動産業参入に反対

      公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ