フロンティアハウス、小口化第1弾 7分で完売

フロンティアハウス

物件紹介|2024年02月03日

  • twitter

FunFundの第1号物件

 収益不動産の開発を行うフロンティアハウス(神奈川県横浜市)は1月12日、小口化事業の第1号ファンドが7分で満額調達に至った。4000万円の募集金額に対し、850%にあたる3億4000万円が集まったという。

新規の投資家獲得狙う

 ファンドシリーズ名は「FunFund(ファンファンド)」。同社はファンドの組成・運営・管理のみを行い、ファンドの募集・勧誘行為は小口化ファンドのプラットフォーム「大家どっとこむ」を展開するグローベルス(東京都品川区)が行った。

募集を行ったグローベルスのホームページ

募集はグローベルスのホームページで行った

 第1号ファンドはフロンティアハウスが所有する木造アパート「PALACE(パレス)東神奈川」を対象に組成。同物件は築31年で、京浜急行電鉄本線神奈川新町駅から徒歩7分の場所に立つ。

 一口1万円から出資可能で、表面利回りは10%。運用期間は3カ月だ。

 本ファンドに出資した投資家は20代後半~50代で、平均出資額は60万円だった。

 FunFundプロジェクトの佐藤和希リーダーは「当社の主事業である収益不動産開発・販売のメイン顧客層は40代以上の投資家。小口化事業で新たな顧客層にアプローチできると期待する」と話す。

 今後は、同社が開発・保有する賃貸住宅などを中心に、月2回程度のファンド組成を目指す。

(2024年2月5日2面に掲載)

おすすめ記事▶『フロンティアハウス、地場管理会社をM&A』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ