メイクホーム、破産理由は「私的流用」

メイクホーム

その他|2024年05月17日

  • twitter

7月に債権者集会を予定

 住宅確保要配慮者を専門に賃貸管理・仲介を行っていたメイクホーム(東京都足立区)が3月28日付で破産した。元従業員らによると破産理由は社長を務めていた石原幸一氏の私的流用であるといい、「負債額は1億円にも上るのではないか」と話す。

 元従業員らへ倒産する旨が伝えられたのは2月15日の朝で、石原氏から倒産の理由が私的流用であるとの説明があったという。

 同社は賃貸管理のほか、投資用不動産の物件探しや契約代行を行っていた。オーナーから投資資金を預かり、その資金内で投資用不動産を選定し、物件の取得を代行。代行で取得した物件の所有権はオーナーにあり、運営・管理は同社が行うスキームだ。

 3月12日の取材時点で、同社は5人のオーナーから投資資金としてそれぞれ1000万円以上を預かっており、そのうちの1人のオーナーからは3000万円を不動産の取得資金として受け取っていた。元従業員らは、そのオーナーへ提案するために集めた物件情報を石原氏へ何回か打診していたが、どの物件にもあいまいな回答しか返ってこず、首が縦に振られることはなかったという。そうした中、従業員に破産が告げられた。

 同社へ管理を委託していたあるオーナーは、2月分の家賃が振り込まれていないが、回収は難しいとみている。

 同オーナーは2017年ごろから同社に2棟10戸の管理を委託。

 2月15日に、家賃の振り込みが遅延する旨が記された通知書が届いたことから、不信に思った同オーナーは翌日に少額訴訟を提起。だが、石原氏が3月13日に破産管財人を立て、財産の整理を始めたことから訴訟は中断した。

 7月には債権者集会が行われる。その際、どれだけの財産が石原氏に残っており、金銭債権が回収できるかが破産管財人から説明される。

 「破産管財人からは数百万円程度の資産しか見つかっていないと聞いており、負債の回収は難しいと想定している」(同オーナー)

(2024年5月20日1面に掲載)

おすすめ記事▶『メイクホーム、家賃未納が発生』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ