三井不動産、新聞販売店を賃貸住宅へ再生

三井不動産

物件紹介|2024年05月18日

  • twitter

改修後、賃貸住宅へコンバージョン

環境配慮で企業からも相談

 三井不動産(東京都中央区)は、毎日新聞社(東京都千代田区)が所有する新聞販売店を、既存建物の80%以上を再利用できる「リファイニング建築」を活用して賃貸住宅へ再生した。2月から入居者募集を開始し、全14戸中13戸が成約済みだ(4月19日時点)。

 リファイニング建築とは、青木茂建築工房(福岡市)の建築家、青木茂会長が提唱する再生建築の手法。今回の再生にあたり、設計・管理として携わる。同社は2016年から老朽化した不動産のコンサルティングサービスを開始。リファイニング建築を活用した賃貸住宅の再生を都内で7棟行ってきたが、コンバージョンは今回が初だ。

 再生した物件は、東京都板橋区高島平に立つ築26年のRC造地上4階建て。新聞販売店から賃貸住宅へ用途変更して再生できないかと、毎日新聞社から三井不動産へ相談があったという。

改修前の作業所・事務所部分

改修前の作業所・事務所部分

 収益不動産が老朽化した場合、改修や建て替えが考えられるが、建築費の高騰や法改正により同じ規模で建て替えできなくなるなど収益性が確保できないケースも多い。リファイニング建築の場合、既存建物の80%以上を再利用するため、建て替えより工事期間が短く、コストも抑えられる。賃料は新築物件の90%以上の設定が可能だという。

 既存物件を生かすことで、建て替えよりも環境に配慮できる。三井不動産は東京大学との協働研究で、リファイニング建築による再生が建て替えよりも二酸化炭素(CO₂)排出量を約72%削減できることを21年に発表。CO₂削減に取り組む法人からの問い合わせが増えたという。

 三井不動産・ソリューションパートナー本部レッツ資産活用部資産活用グループの宮田敏雄チーフコンサルタントは「今後は老朽化不動産の再生やCO₂削減を課題とする法人の利用が増えることが想定される。特に三大都市圏にある旧耐震基準のRC造はリファイニング建築がマッチする可能性が高いと考えている」と話す。

(2024年5月20日2面に掲載)

おすすめ記事▶『三井不動産レジデンシャル、シェアリング型賃貸完成』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ