南海電気鉄道、2棟目の介護施設を開設

南海電気鉄道

商品・サービス|2020年07月04日

  • twitter

 南海電気鉄道(大阪市)の子会社の南海ライフリレーション(同)は、介護施設2棟目となる『南海ライフリレーション岸和田吉井』を4月30日に竣工し、6月1日より入居を開始した。8日現在、約3割の入居となっている。建物は南海電気鉄道が所有し、施設の運営は南海ライフリレーションが行う。

初期費用ゼロで入居促進図る

 同施設は、南海本線「忠岡」駅より徒歩5分に立つサービス付き高齢者向け住宅だ。木造2階建てで全29室。このうち、夫婦で入居できるのが1室で、残りは全て単身者用。全室ワンルームで占有面積は18.18~26.36㎡。家賃、水道光熱費を含んだ共益費、食費などの月額費用は単身者で12万8250円(税別)から。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ