23区賃料調査 上昇傾向維持

スタイルアクト

統計データ|2016年11月24日

  • twitter

不動産マーケティングのスタイルアクト(東京都中央区)は15日、2016年7~9月期の賃料が実質、上昇しているとの調査結果を発表した。
賃料20万円以上の高額物件は賃料改定率が0.8%上昇した。

10万円未満の物件は0.1%の下落となったが、同社によると経年で1年ごとに1%下がるため、0.1%の下降ならば実質的にプラスだという。
調査対象は東京23区内の賃貸物件で、ポータルサイトに掲載する空室物件のデータなどを基に整理し、2年前の同一物件と賃料変化をまとめた。
同社は全国約400万件の賃貸物件データを保有しており、今回のサンプル数は3万3782件だった。

高額物件で2年前の募集賃料と比較すると、「増額」改定と「減額」改定はどちらも減少し、「据え置き」が増加した。
これは過去2年間に「増額」改定された分が落ちついたためと考えられる。
14年7―9月期以来増え続けた「増額」の割合が、今四半期で初めて減少に転じたものの、依然として「増加」の割合は約半数を占める。

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. トラスト、投資物件再販で売上13億円超【注目企業インタビュー】

    トラスト

  3. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

  4. 埼玉県川口市、宅配ボックス設置義務化

    埼玉県川口市

  5. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ