23区賃料 6年連続で上昇傾向維持

スタイルアクト

データ|2016年08月23日

  • twitter

20万円以上の物件は約半数が増額


不動産マーケティングのスタイルアクト(東京都中央区)は17日、今年4~6月期の賃料が上昇しているとの調査結果を発表した。
賃料20万円以上の高額物件は0.7%上昇し、20万円未満の物件は0.2%の下落となった。
同社によると「経年で1年ごとに1%下がるため、0.2%の下降ならば実質的にプラス」だという。

対象は東京23区内の賃貸物件だ。
ポータルサイトに掲載する空室物件のデータなどを基に同社が整理し、2年前の同一物件の賃料との変化をまとめた。
同社は全国約400万件の賃貸物件データを保有しており、今回の調査では23区内の物件で賃料の変化があった5万8198戸のみを集計した。
増額した物件は賃料20万円以上で全体の46.5%、20万円未満は29.2%、2010年から6年連続で増加傾向を維持した。
今年6月には不動産調査のタス(東京都中央区)の調査で、23区の木造・軽量鉄骨物件の空室率が33.68%に上っていることが明らかになったが、その一方で賃料は上昇を続けている。
スタイルアクトは「空室率の急増は短期的な動きであるため、賃料への影響はまだないのでは」としている。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  3. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  4. 住宅市場での賃貸需要の高まりと所得格差の2極化

    【連載】アメリカ不動産事情 第86回 2022年に向けての不動産市場

  5. オータス、不動産クラウドファンディングのプラットホーム提供開始

    オータス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ