令和2年7月豪雨、「管理物件の半数で被害」の嘆き

市況|2020年07月20日

  • twitter

道路が土砂で埋まり2階 にがれきが散乱している(提供:トヨオカ地建)

 九州地方に大きな被害をもたらした『令和2年7月豪雨』により、周辺の不動産会社が対応に追われている。被害物件の復旧作業に加えて、被災者の住宅提供も必要となり、問題は山積している。

被災者の物件提供難航

 最も被害の大きかった熊本県人吉市で約150戸管理している京成不動産(熊本県人吉市)では、管理物件の約半数にあたる75戸が被害を受けた。水漏れ程度から床下、床上浸水など、被害の大きさは違っているものの、一時的に生活することが難しくなった物件が多い。

 営業部の木村泰大氏は「7月頭から対応に追われている。物件の改修よりも、被災者への物件提供の問い合わせが多い」と話す。同社では、提供できる物件が枯渇し始めている点を懸念している。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ