アメリカ4都市で賃貸マンション開発

住友商事

企業|2014年04月21日

  • twitter

土地の取得から企画、設計等に140億円を投下


住友商事(東京都中央区)は、米国7つの都市で大規模な不動産開発に着手する。
総事業費は800億円で、そのうち140億円を賃貸マンションの開発に充てる。

同社は、アトランタ、ローリー、タンパ、ヒューストンの4都市で賃貸マンションの開発を行う予定で2012年から用地の選定や取得を行ってきた。
土地の取得から企画、設計、建設まで、現地のデベロッパーと連携し行っていくという。

1棟あたりの規模は、230戸から266戸。
2015年9月までに全ての物件を完成させ、将来的には売却する考え。
保有期間は物件により異なり、市況を見ながら売却時期を判断する。
また、完成後の管理業務については、現地企業を活用するか、自社で行うかはケースバイケースで対応するという。
賃貸マンション以外では高層オフィスビルの取得、分譲マンションの販売等も行っていく。

住友商事が米国での不動産開発をスタートさせたのは、1980年代から。
現地企業にまるごと委託するのではなく、自社で直接、土地の仕入れや企画、設計、建設、宅地分譲等に関わってきた。
今後、人口流入や増加が見込める米国での投資を強化し、19年度を目安に資産規模は1000億円を目指す考えだ。
米国以外のエリアでは、インドネシア、タイ、中国、シンガポール、イギリスなどですでに不動産開発を行っており、海外でも幅広く展開している。

昨今、積水ハウスや大和ハウス工業も、米国の賃貸住宅開発を加速しており、アメリカを有望市場と見た各社の動きに関心が集まっている。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~スマートロック編~

    アサヒグローバル, 三菱地所ハウスネット, ゴールドトラスト, ライナフ

  4. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~RPA編~

    ハウスパートナーホールディングス, 日本財託, ディップ

  5. 都市再生機構×フージャースアセットマネジメント、DIYとアウトドアがコンセプト

    独立行政法人都市再生機構, フージャースアセットマネジメント

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ