用具不足で対応遅延【災害対応・経験者に学ぶ4】

三島コーポレーション, レント管理

企業|2020年09月10日

  • twitter

新築時に防災備蓄倉庫を設置した

三島コーポレーション、社内や管理物件に防災用具常備

2018年6月に最大震度6弱を観測した大阪府北部地震。震源地となった大阪府茨木市・高槻市エリアで約8000戸の管理を行う三島コーポレーション(大阪府茨木市)では震災以降、会社内や管理物件内に防災用具と備蓄品を常備するようになった。理由は、必要な道具が揃わないことで、対応が滞ってしまう事態を回避するためだ。

 「地震発生直後、管理物件の確認のために現地に出向く必要があった。その際に、簡易的なものでも点検道具を所持していないと、作業が進まないといった事態が起こる」と三浦光仁取締役は話す。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【その2】賃貸仲介の成約単価・成約率などは会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸仲介編~)

      リライフ, スタートライングループ

    2. 【その3】賃貸仲介の成約単価・成約率などは会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸仲介編~)

      アップスタイル, 平和不動産

    3. 「外国人」「非正規雇用者」に依存するシェアハウスは苦戦(コロナ禍のシェアハウス調査4)

      ジャフプラザ, プティティール

    4. 上村建設、高級感・多様性コンセプトの賃貸住宅発売

      上村建設

    5. クラス、ホームステージング新プラン

      クラス

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ