4月の新設貸家着工数 前年比33%減・

国土交通省

市況|2009年06月08日

  • twitter

賃貸住宅着工戸数の減少が続いている。国土交通省が発表した平成21年4月の新設住宅着工戸数によると、貸家は前年同月比33%減の2万6262戸で、5カ月連続の減少となった。

地域別に見てみると、首都圏は1万234戸、前年比マイナス20・8%。三大都市圏の中では最も減少幅が小さい結果となった。最も下落率が大きいのは近畿圏の3198戸、同マイナス48・3%。中部圏は3500戸、マイナス41・9%となった。中部圏は、今年に入ってから対前年比の下落幅が拡大してきており、供給が極端に減少傾向にあることがわかる。その他の地域も9330戸、マイナス33・8%で、都市部と同様に減少していることがわかる。

なお、平成20年度の着工数は44万4747戸で、建築基準法改正の余波から大幅に着工数が減少した前年から3・2%の増加となっていた。昨年7月から10月にかけては着工数が前年を上回る場面もあったが、秋以降は前年割れが続いている。

鋼材価格等が落ち着きを見せ、建築コストの価格調整が進む一方、景気悪化の影響から新築貸家着工は回復の兆しが見えていない。資金難にあえぐ不動産ファンド等の新規開発案件が少ないのみならず、個人地主の土地活用意欲も冷え込みが続いている。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ