フォーラス&カンパニー、宮古島の投資物件5月竣工

フォーラス&カンパニー

商品・サービス|2020年02月21日

  • twitter

鉄骨ユニット物件

 フォーラス&カンパニー(大阪市)は、観光地化で盛り上がる沖縄県宮古島市にて収益用の鉄骨ユニット物件を5月より竣工する。賃貸・宿泊の両軸で事業を行う。

賃貸と宿泊を併用

 ワンルームと3Kの間取りで1棟4室を全6棟の建築を進めている。賃料は家具家電付きの7万5000円で想定する。2棟は同社で保有し、残り4棟は4780万円から販売。利回りは賃貸利用で7%、宿泊で約9%としている。現在2棟の予約が入っているという。

 入居者の主なターゲットは、主に建設が相次いでいるホテルや商業施設の建築作業員だ。宮古島は2019年に大阪と海外便が増え、宮古島空港も拡大計画が発表されるなど、観光地としての需要が増加している。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    2. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    3. エコホームズ、他社仲介向けにマニュアルを作成

      エコホームズ

    4. コロナで民泊稼働ゼロも

    5. JAアメニティーハウス、契約の電子化 開始1年

      ジェイエーアメニティーハウス

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ