アーバン企画開発 三戸部正治社長 神奈川県北東部で6800戸管理

【企業研究vol.229】アーバン企画開発

インタビュー|2023年12月06日

  • twitter

三戸部正治 社長(52)

 神奈川県川崎市、横浜市、東京都稲城市を主な商圏とし、6800戸を管理するアーバン企画開発(神奈川県川崎市)は、賃貸管理事業を中心に売り上げを伸ばす。2003年ごろに賃貸管理を主力にすると決め、入居率の向上に注力することで、オーナーの獲得につなげてきた。三戸部正治社長に、同社のこれまでの成長の歴史や、今後の事業展望について聞いた。

年400戸、新規獲得家主との関係強化

―御社の事業内容と実績を教えてください。

 神奈川県北東部の川崎市と横浜市、東京都稲城市を中心に賃貸管理事業を展開しています。直近の23年7月期では、グループのアーバン企画開発管理とあわせて、売上高が44億2000万円でした。22年7月期は売上高42億5000万円で、前期比104%と増収です。直近の売上高の事業別構成比は、賃貸管理事業が68%。リフォーム事業が18%。賃貸仲介事業が5%。売買仲介事業が4%。そのほか付帯サービスの売り上げが5%でした。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ハートリビングサポート 中川雅文社長 住設の修理・交換で1300社と取引』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ