AlbaLink、7割が事故物件に住むことに拒否感

AlbaLink(アルバリンク)

その他|2021年03月15日

  • twitter

 前の居住者が孤独死、自殺、他殺などで亡くなった部屋を意味する「事故物件」。専門情報サイトの登場や、マスコミで盛んに取り上げられたことで、広く知られるようになった。興味本位で語られがちな話題ではあるが、物件オーナーにとっては、常に起こりうる現実的なリスクでもある。

孤独死・事故死には寛容な回答も

 では、人々は事故物件への入居についてどのような印象を持っているのだろうか。不動産仲介会社のAlbaLink(アルバリンク:東京都江東区)が『事故物件に住むのはありかなしかについての意識調査』を1月12~19日にインターネットを通じ実施し、983人から回答を得た。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 不動産仲介大手エイブルの男性社員が逮捕

    エイブル

  2. 民法改正から1年、設備故障対応の実態は?~前編~

    日本賃貸住宅管理協会, 貝沼建設

  3. 新しい不動産実務、入居者への付加価値サービス①

    リロクリエイト, リロクラブ, ビューン, アクセルラボ, パレットクラウド

  4. 仲介・管理会社ノート リフォーム編② ~前編~

    松井産業, 野口計画管理, 恵不動産

  5. FJネクストら、収益不動産開発・販売の上場企業7社決算まとめ

    フェイスネットワーク, プレサンスコーポレーション, FJ(エフ・ジェー)ネクスト, プロパティエージェント, AD(エー・ディー)ワークスグループ, 新日本建物, コーセーアールイー

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ