Con Spirito、RPAの活用で業務効率化

Con Spirito(コンスピリート)

商品・サービス|2020年07月08日

  • twitter

 賃貸住宅3222戸を管理するCon Spirito(コンスピリート:東京都渋谷区)は、2019年11月からRPA(Robotic Process Automation)の技術を活用し、管理物件における滞納家賃の回収業務を効率化している。

滞納者への通知を自動送信

 RPAとは、規定したプログラムに沿って行動するロボットをパソコンにインストールすることで、単純作業を自動化する技術。例えば、Excelファイルに記載された顧客情報の基幹システムへの入力や特定のユーザーへの定型文の送信などを無人化する。同社では、FCEプロセス&テクノロジー(同新宿区)の『ロボパット』というシステムを採用して、管理物件の家賃滞納が発生すると、滞納者へ督促のメッセージが自動で送られるようにしている。「家賃滞納の原因の9割くらいは、振り込み忘れなどのケアレスミス。そのため、リマインドのメッセージを送るだけでも十分な効果がある」と長谷川悠介取締役は話す。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【レオパレス問題】借り上げ家賃請求裁判、一審は家主勝訴

    レオパレス21,ことぶき法律事務所

  2. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】空室対策セミナーで新規獲得

    エコホームズ

  3. 民泊、回復の兆し

    MASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ),カソク,Airbnb Japan(エアビーアンドビージャパン)

  4. 入居を後押しするホームステージング~前編~

    ハウジングロビー,カグカス,一般社団法人日本ホームステージング協会

  5. 【2代目家主座談会・後編】リーシング力も期待

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ