アクセルラボ、スマホで家電・住設一括操作

アクセルラボ,三島産業

商品|2023年07月21日

  • twitter

Felis北堀江に設置した室内カメラ

 IoT機器やアプリの開発を行うアクセルラボ(東京都新宿区)は2019年8月より、家中のIoT機器や住宅設備をつなぐスマートホームサービス「SpaceCore(スペースコア)」を提供している。

築10年目で賃料アップ実現

 照明、エアコン、電動シャッター、インターホン、玄関の鍵などを、スマートフォンにダウンロードしたSpaceCoreのアプリで操作する。接続可能なIoT機器は20種類以上。外出先からエアコンをつけたりインターホンに対応したりできるほか、室内カメラや窓の開閉センサーを設置して、不在時の防犯対策やペットの見守りを行うことも可能だ。23年5月末時点で2万3000戸以上に導入されている。

 不動産賃貸・管理事業を行う三島産業(大阪府豊中市)は22年1月、大阪メトロ千日前線西長堀駅から徒歩3分の場所に立つ単身者向け物件「Felis(フェーリス)北堀江」の4戸に、23年4月には追加で4戸に同サービスを導入した。設置したIoT機器はスマートロック、窓の開閉センサー、室内カメラ、室温が一定以上になると自動的にエアコンを起動させる環境センサーなど。築10年目を迎えたタイミングで、スマートホーム化による物件価値の向上を図った。キャットウオークを設置した猫専用のペット共生型物件であることから、ペットの見守り需要も見込んでいる。

 家賃は3000円上げて6万5500円からとした。相場より5000円ほど高い賃料だという。6月29日時点で、同サービスを導入した8戸は7割ほど成約している。

 三島産業の三島耕平社長はアクセルラボのスマートホームサービスを選ぶ理由として、接続できるIoT機器の多さとアフターフォロー体制を挙げる。「導入後も定期的に入居状況を気にかけ、仲介会社向けの説明会や物件内覧会を企画してくれるのが心強い」と語った。

(2023年7月24日8面に掲載)

おすすめ記事▶『リンクジャパン、IoT設備スマホで操作』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ