【トップインタビュー】ビーロット、宮内誠社長

ビーロット

企業|2021年10月12日

  • twitter

ビーロット 東京都港区 宮内誠社長(52)

 収益不動産の再生や開発事業で会社の業績を伸ばすビーロット(東京都港区)は、2020年から名古屋での営業も開始。商圏を拡大しつつ、取り扱う不動産の種類も増やし、投資家に幅広い選択肢が提供できる会社を目指す。宮内誠社長は「長く続く会社をつくる。そのためにも価値の高い不動産づくりが重要」と語った。

設立12年で売上264億円に拡大

リート上場視野、ストック事業で経営安定

不動産再生に強み 住宅約1600戸管理

 ビーロットは、成長著しい不動産会社だ。不動産の再生や開発に強みを持ち、08年の設立からわずか6年後の14年に東証マザーズに上場。その4年後には東証1部にくら替えした。売上高はマザーズに上場した14年12月期に37億900万円、経常利益2億9500万円だったのが、20年には売り上げ264億8100円、経常利益10億3300万円と、6年で売り上げは7倍超、経常利益は約3.4倍になった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ビーロット、名古屋エリアでの事業推進』

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ