象印マホービン、ポットの利用履歴を活用

象印マホービン

商品|2024年05月20日

  • twitter

キッチンや居間など、コンセントがある場所であればどこでも利用することができる

一括確認用のシステムも提供

 炊飯器をはじめとした家庭用日用品を製造する象印マホービン(大阪市)は、ポットを活用した高齢者の見守りサービス「みまもりほっとライン」を提供している。2001年に消費者向けにサービスを開始し、累計1万3000人以上が利用。23年5月には、不動産会社や管理組合が入居者の安否を一括で確認できるシステムを実装した。

 みまもりほっとラインは、専用の電気ポット「i-PoT(アイポット 以下、ポット)」の使用履歴を基に入居者の安否や健康状態を確認するサービスだ。通信機能を持つポットが、操作時間や履歴を自動でクラウドに記録し、直近の利用履歴5件を利用者の家族らへ1日最大3回、あらかじめ設定した時間にメールで送信。通知先は入居者の親族や管理会社など、任意で設定する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『象印マホービン、家電で高齢者を見守り』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ