【書籍紹介】損する土地活用 得する資産活用

商品|2024年06月07日

  • twitter

「資産の組み換え」を提案

 「損する土地活用 得する資産活用」と題された本書は、土地活用を考えるオーナーを読者対象としている。節税のためにアパート建築を考えるオーナーが多い中、「資産の組み換え」という方法を提案し、視野を広げる内容となっている。著者はリフレム(東京都渋谷区)の社長である緒方大介氏。

 本書は7章で構成。第1章、第2章では、土地活用の基礎知識が事例を踏まえて書かれている。第3章は相続対策がテーマだ。単なる節税にとどまらず、収益の向上を通じて多くの資産を残すことを提案している。第4章は賃貸経営と不動産投資分析の基礎知識に関する内容だ。第5章、第6章で、稼ぐ経営を実現する「資産の組み換え」の具体的な方法が事例とともに記されている。最終章の第7章では、東京都内での賃貸経営をグローバルな視点も踏まえて解説する。

 具体的な失敗事例や成功事例が書かれており、実際に土地活用を考えるオーナーにとって実践的な内容となっている。

(2024年6月3日19面に掲載)

おすすめ記事▶『【書籍紹介】【完全版】損せず売れる!不動産売却パーフェクトガイド』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ