コロナ禍でも賃貸住宅市場は成長し続ける見込み

【連載】アメリカ不動産事情 第75回 2020年コロナ禍と米国賃貸市場

投資|2022年01月08日

  • twitter

ロス郊外に建築中の高齢者向け住宅

 南カリフォルニアでは本格的な夏を迎えたが、3月中旬から続くコロナ禍の影響で多くの小売業者が営業自粛を強いられている。また大手企業などが在宅勤務を継続する中で、米国西部地域で賃貸市場に関わる各地域のキープレーヤーたちに今後の市場動向を聞いてみた。

在宅勤務の及で高まる自然環境や公益設備のニーズ

当初の予想を上回る家賃回収率

 コロナ禍開始から4カ月を経て、私自身もオフィス勤務を6割程度にまで戻した。物件管理を含め不動産業は日常生活の基本事業(エッセンシャルビジネス)であり、多くの同業者は通常業務を行っている。地元でアパートをはじめオフィスビル、ショッピングセンターなど商業不動産の管理を手広く行っているR社は管理物件の賃料延滞率や同社のコロナ禍対策など、最新情報を顧客に向けて毎月末にメール送信している。

 過去3カ月間の平均では賃料回収率は93%とのことで、これは前年同期と比べ3%程度の悪化となるが、当初予想よりも賃料回収率は高いとの自己評価だ。一方で連邦政府から支給されてきた生活援助金(月額2400ドル)が8月初旬で停止されたことで、今後の延滞率の上昇懸念も聞かれた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ホームステージングの重要性』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 国家資格化後初の賃貸不動産経営管理士試験、合格1万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Ken(ケン)ビジネススクール

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  4. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

  5. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ