共立メンテナンス/シェア180、大型シェアハウス大阪初進出

共立メンテナンス,シェア180

ニュース|2022年05月22日

  • twitter

完全個室のウェブ会議用部屋

 全国で学生・社員寮などを運営する共立メンテナンス(東京都千代田区)は4月27日、大型シェアハウス「URBAN TERRACE(アーバンテラス)緑地公園」のオープンを発表。関西エリア初進出となる。シェアハウスの企画・運営・コンサルティングを手がけるシェア180(ワンエイティ:愛知県名古屋市)との共同企画で、併設した3種のワークスペースが特徴だ。

3種のワークスペース併設

 同物件はシリーズの7棟目。RC造地下1階、地上3階建て全58室の元学生寮の物件だ。北大阪急行電鉄南北線の緑地公園駅から徒歩約10分に立地。管理費、水道・光熱費を含んだ家賃は4万8000円(税込み)からとなる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『共立メンテナンス、モノの貸し借りサービスを始動』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【レオパレス問題】借り上げ家賃請求裁判、一審は家主勝訴

    レオパレス21,ことぶき法律事務所

  2. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】空室対策セミナーで新規獲得

    エコホームズ

  3. 民泊、回復の兆し

    MASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ),カソク,Airbnb Japan(エアビーアンドビージャパン)

  4. 入居を後押しするホームステージング~前編~

    ハウジングロビー,カグカス,一般社団法人日本ホームステージング協会

  5. 【2代目家主座談会・後編】リーシング力も期待

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ