アイケンジャパン、賃貸住宅のIoT化を実現

アイケンジャパン

商品・サービス|2020年08月13日

  • twitter

『Aiken Smart Home』の概略イメージ

 アパートの企画・販売と賃貸管理を行うアイケンジャパン(福岡市)は3日、7月の販売物件から賃貸住宅のIoT(モノのインターネット)化を実現する『Aiken Smart Home(アイケンスマートホーム)』の導入を開始したと発表した。スマートロックとホームIoT、クラウド型防犯カメラの3つのシステムで安心安全、快適な暮らしを実現する。

7月の販売物件から導入開始

 2020年6月末時点の施工実績は862棟、管理戸数は6078戸を突破。7月から導入するシステムのうちスマートロックは、スマートフォン、ICカード、暗証番号から鍵を選択できる。物理的な鍵以外でも管理できるため紛失の恐れがなく、解錠の遠隔化・自動化が可能。暗証番号の場合は発行履歴の確認ができる。インターネット通信を伴わず、ハッキングや通信トラブルの心配もないという。解錠履歴3000件分の保存やオートロック、ブザー機能なども備え、安全性も高い。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. 【その2】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    遠州鉄道, アメニティーハウス, 福住

  5. 【その3】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    ネクステップ, 寺村不動産, タキナミネクスト

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ