IRIS、5年間で月間PVが100倍

IRIS(アイリス)

商品・サービス|2020年01月23日

  • twitter

IRIS(東京都世田谷区) 須藤啓光社長(30)

 賃貸仲介事業を行うIRIS(アイリス:東京都世田谷区)の顧客は9割がLGBTだ。2014年の設立から5年間で100人以上の部屋探しをサポートしてきた。

9割がLGBTの部屋探し

 18年まで1人だった営業スタッフは年々増加する利用者に対応すべく増員を図り、19年に3人体制となった。

 集客の柱となっているのは自社ホームページだ。5人のライターのうち3人はLGBT当事者。月間の閲覧数は16年の100件に対し、19年は1万件にまで伸長したことから、LGBTに特化した部屋探しのニーズが増えている現状がうかがえる。

 近年、不動産業界でもLGBTに配慮した活動を行う企業の取り組みが増えてきた。こうした中、同社が他社と大きく異なる点は、全4人の社員がLGBT当事者であるところだ。LGBTではない担当者には相談しにくいことを安心して話すことができる点が同社の強みであり、利用者にとっても心強い。

 ただ、LGBTの部屋探しは時に厳しい現実に直面することがある。須藤啓光社長は「物件確認や内見時に、入居希望者が同性カップルであることを管理会社や家主に告げると、入居を断られることも少なくない」と語る。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【修繕費返還請求裁判】レオパレス勝訴

      レオパレス21

    2. コロナウイルス 宿泊大打撃

    3. Casa、民法改正の注意点解説

      Casa(カーサ)

    4. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    5. TATERU、19年12月期 最終赤字140億円

      TATERU

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ