地場大手「IT化」加速

市況|2020年05月25日

  • twitter

 全国各地の地場大手仲介・管理会社の中で、アフター・コロナを見据えた経営戦略として、業務のオンライン化をより推進する会社が増えてきた。DX、スマートロックの導入、物件掲載ページの充実など中身はさまざま。緊急事態宣言解除後も3密を避ける「新しい生活様式」の徹底が求められる中で、非対面で業容を維持・拡大できる仕組みが必要と感じているようだ。各社の取り組みを紹介する。

ビデオ通話をフル活用

 アフター・コロナの営業体制について地場大手会社から「引き続き業務のオンライン化を進めたい」という声が目立ってきている。各社の詳しい戦略をまとめると、おおむね次の4つに分けられる。それが「DX(デジタルトランスフォーメンション)の推進」「ビデオ通話を使った接客・手続きの強化」「スマートロックの設置」「ポータルサイトの物件掲載ページの充実」だ。

 中部圏で約8万9000戸を管理するニッショー(愛知県名古屋市)では、DXを推進していくという。DXとは、あらゆる活動をデジタル化する取り組みを指す。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ