イタンジとPinT、空室の電気契約を自動切替

イタンジ、PinT(ピント)

企業|2020年07月02日

  • twitter

 不動産業界向けITサービスを提供するイタンジ(東京都港区)と、東京電力グループの新電力会社PinT(ピント:東京都千代田区)が提携し、イタンジが提供する『ITANDI BB(イタンジビービー)』と、PinTが提供する『PinT with 賃貸』を連携することが分かった。

7月から運用開始

 賃貸住宅の内見時に使う電気契約の切り替えを自動化する仕組みを構築する。スマートメーターの場合、前入居者が退去すると電気契約が終了する。そのため、これまでは内見やルームクリーニングなどで通電が必要な際、管理会社の社員が電力会社に電話し、1戸ずつ電気契約を行っていた。今回の連携により、その手間をシステム上で効率化できる。7月から運用開始する。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ