埼玉鶴ヶ島に初のサ高住オープン

川木建設

企業|2014年05月11日

  • twitter

土地活用や建設・賃貸管理を手掛ける川木建設(埼玉県川越市)は4月30日、鶴ヶ島市に同社初となるサービス付き高齢者向け住宅「アシステッドリビング茶話本舗鶴ヶ島」の開所式を行った。
5月1日から入居を開始する。

当日の式には、川木建設の鈴木健二社長をはじめ、運営会社の日本介護福祉グループ(東京都墨田区)藤田英明社長らが参加し、事業の成功を祈願した。

鈴木社長はあいさつで、鶴ヶ島市における後期高齢者の増加割合が全国3位であることに触れ、「同施設の開設は時代の要請だ」と話した。
また「地域に根ざした事業を展開する弊社にとって、使命だと思って頑張りたい」との意気込みを語った。

同施設は木造2階建てで、19.8㎡のワンルーム37戸と二人入居可能な約40㎡のワンルームの全38戸。
日中帯の9~18時には看護師が常駐し、夜間帯も当直者が常駐するため、医療依存度の高い入居者も安心できるサービスを提供していく。
現在申し込みは5件入っており、今秋までの満室を目指す。

検索

アクセスランキング

  1. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  2. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  3. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

  4. ニッソウ、個人事業主から年商28億円へ

    ニッソウ

  5. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ