住宅セーフティネット制度の創設決定

国土交通省

市況|2017年01月02日

  • twitter

民間賃貸住宅の改修費用と家賃を補助


国土交通省は昨年12月19日、2017年度予算大臣折衝で、住宅セーフティネットの創設が承認を受けた。
関連費用として27億円の予算案が閣議決定された。

予算では、民間賃貸住宅の空室や空き家に高齢者や子育て世代の入居を促進するため、改修費用や家賃を補助する。
改修費用の補助の要件としては、住宅確保に配慮が必要な世帯専用であること。
国が費用の3分の1を補助する。
低所得入居者の負担を軽減する措置としては、家賃と家賃債務保証料を補助する。
NPO法人や不動産関係団体、地方公共団体で構成する居住支援協議会を設け、入居促進にかかわる活動への補助も行っていく予定だ。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  2. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  3. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介件数の動向を調査 ー中編ー

  4. 【クローズアップ】Sumapla、家主と直接つながる部屋探しサイト開設

    Sumapla(スマプラ)

  5. 大和ハウス工業、賃貸リフォーム専門の新会社設立

    大和ハウス工業

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ