マザーズ上場承認

ロードスターキャピタル

企業|2017年09月08日

  • twitter

投資家への情報透明性重視

不動産を対象にしたクラウドファンディング事業を行うロードスターキャピタル(東京都中央区)は8月25日、東京証券取引所から、マザーズ市場への新規上場を承認されたことを発表した。上場は9月28日を予定する。

同社は、インターネット上で投資家から資金を集め、不動産案件への貸し付けを行うクラウドファンディングを行う。事業開始から3年ほどで同社が運営するクラウドファンディングサイトの会員数は8400人まで伸びてきた。

同社は、投資家への情報透明性を重視し、決算内容も公開してきた。2016年12月期の決算では売り上げが46億5200万円で、前期比64.2%の増収、経常利益は6億8000万円で100万円の減益だった。
現在行う貸付型だけではなく、投資家から集めた資金を特別目的会社に投資するファンド型も視野に入れ、許認可の取得を進める。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸管理の内容・こだわり、会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸管理編~)

    山一地所, エスト建物管理, 東洋開発

  2. 歩合給「生産性」軸に検討 ハウスコム 田村穂社長【トップインタビュー】

    ハウスコム

  3. 借り上げ戦略 大幅見直し OYO Japan 山本竜馬社長【トップインタビュー】

    OYO Japan

  4. 日立不動産、M&Aで事業承継

    日立不動産

  5. 「外国人」「非正規雇用者」に依存するシェアハウスは苦戦(コロナ禍のシェアハウス調査4)

    ジャフプラザ, プティティール

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ