「かぼちゃの馬車」債権者集会

スマートデイズ

事件|2019年02月26日

  • twitter

破産債権届け出額、1053億円

集会が終わり会場から出てきたオーナーら

シェアハウス『かぼちゃの馬車』を運営するスマートデイズ(東京都中央区)の第1回債権者集会が19日、都内で開かれた。
破産管財人の清水祐介弁護士(ひいらぎ総合法律事務所)が破産手続き開始に至った経緯を説明。
破産債権届け出額は1053億円に上ると発表した。

同社は2012年の設立当初、「東京シェアハウス」の商号で脱法ハウスを運営し、13年から寄宿舎としてシェアハウス営業を強化していった。しかし、投資家へ融資をしていたスルガ銀行のもとに、創業者で社主の肩書を持つ佐藤大治氏についての不芳情報が届き、取引を停止され、倒産しかけた。そこで、ダミー会社や販売会社を介在することで取引を再開。販売数が急増したとみられる。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    3. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    4. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ