稼働率、賃料ともに好調

ADインベストメント・マネジメント

投資|2019年05月22日

  • twitter

投資家向けに運用状況報告

登壇したADインベストメント ・マネジメントの髙坂健司社長

 住宅系Jリート(不動産投資信託)に特化したアドバンス・レジデンス投資法人の資産運用会社ADインベストメント・マネジメント(東京都千代田区)は、個人投資家向けの運用状況報告会を開催した。

 同社が運用する物件数は264件、資産規模は4481億円になる。2018年8月から1月末までの期中平均稼働率は業績予想比プラス0.5%の97%、賃料は0.38%上昇し、順調に推移したことを発表した。賃料上昇は9期連続。 札幌、仙台、首都圏、名古屋、関西、福岡のエリア別に見た新規契約・更新の賃料増減率では、首都圏が好調で、新規契約がプラス4%、更新がプラス0.8%だった。一方、名古屋エリアでは新規契約がマイナス4.1%、更新がプラス3%と新規契約のマイナスが大きかった。人口流入よりマンション供給が多いことが原因だと分析している。首都圏以外の物件は全体の2割程度になるが、今後はこの割合を減らしていく考えを明らかにした。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃支援策 自治体一覧【居住用・事業用】

    2. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    3. 賃貸仲介、一部で回復傾向

    4. アットホーム、物件の賃料や募集期間を集計

      アットホーム

    5. バスシステムデザイン研究所、塗装やパネルで浴室再生

      バスシステムデザイン研究所

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ