名古屋「着工増」のなぜ

東海|2019年07月12日

  • twitter

日東建設のRC造マンション

「中心部の賃貸ニーズ、強い」「建て替え案件が下支え」

 本紙6月24日号で掲載した「賃貸住宅に強い建設会社の着工数ランキング」。全国各ブロックを見比べると、東海エリアだけ着工数が安定しており、数を増やす会社も多かった。特に名古屋。下支えするいくつかの好要因が見えてきた。

 国の統計によれば、2018年度の貸家の着工数は、中部エリアが前年比2.1%増の4万件強。融資厳格化の影響で数を減らすエリアが多い中、唯一、中部が伸ばした。本紙調査の着工数ランキング(18年4月~19年3月)も、東海エリアの傾向は、国の調査結果とおおむね一致する。

 なぜ中部(東海)は安定しているのか。今回は名古屋エリアを対象に、地元の建設会社を取材。その結果、着工数が安定する原因の一端には、大次の3つの流れがあることがわかった。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  2. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  3. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介件数の動向を調査 ー中編ー

  4. 【クローズアップ】Sumapla、家主と直接つながる部屋探しサイト開設

    Sumapla(スマプラ)

  5. 大和ハウス工業、賃貸リフォーム専門の新会社設立

    大和ハウス工業

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ