輻射式壁冷暖房を導入したシェアハウス

かなや設計

商品・サービス|2019年11月20日

  • twitter

『京島ゆずテラス』外観パース

かなや設計、来春完成予定

 バリアフリー建築の設計を行うかなや設計(東京都墨田区)は、同社が発明した輻射式壁冷暖房を導入した初のシェアハウスを着工した。2020年3月から入居開始予定だ。

 物件名は『京島ゆずテラス』。京成押上線「京成曳舟」駅から徒歩7分で、RC造5階建て全19室。月額賃料は5万9000~6万9000円で、共益費は別途1万円かかる。

 同物件には、同社が開発した輻射式壁冷暖房を各戸の壁に採用。この冷暖房装置は、コンクリートの間仕切り壁内部に冷温水を通す配管を埋め込んだものだ。1階、2階の計9室の間仕切りの壁に使用している。

 今回、輻射式壁冷暖房を導入した理由は2点ある。1点目は、各室のエアコンの室外機を置くスペースを確保できなかったこと。2点目はコスト削減工法の試験導入のためだ。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 電子書面交付社会実験、「積極活用」113社中3社のみ

    2. 不動産業務のマッチングサービス

      ラックベア

    3. 企業研究vol.040 木村光貴 社長

      ユーミー ホールディングス

    4. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    5. 沖縄限定の賃貸住宅

      大東建託

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ