民泊用物件サイトの料金形態変更

スペースエージェント

商品・サービス|2019年11月21日

  • twitter

 簡易宿所や民泊に転用可能な賃貸物件を民泊運営者に紹介するサイト『民泊物件.com』を運営するスペースエージェント(東京都渋谷区)は2020年1月1日から、料金形態を変更する。

札幌市の問い合わせ急増

 これまでは民泊に転用可能な空室を掲載した場合、問い合わせ1件につき3000円が発生していたが、変更後は問い合わせの件数に関係なく1物件につき3000円の掲載料となる。

 きっかけは20年東京五輪においてマラソンなどの競技開催地が札幌市に移転されたことだ。札幌の物件掲載数は、全掲載物件数250件のうち10件程度で、1物件当たり平均で3件程度の問い合わせであったが、報道をきっかけに6倍となる18件にまで上昇した。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    2. 受験者数が過去最多

      一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

    3. ホームネット、IoT電球で見守り

      ホームネット

    4. 駐車場の契約「電子化」へ

      大東建託リーシング

    5. 駅15分でも9割稼働

      一般社団法人日本シェアハウス連盟

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ