クラウド型ファイル共有サービスと連携

シンカ

商品・サービス|2019年12月06日

  • twitter

文書ファイルも閲覧可能

 クラウド型のCTIシステム『カイクラ』を提供するシンカ(東京都新宿区)は10月下旬、使えるねっと(長野市)が提供するクラウド型ファイル共有サービス『使えるファイル箱』との連携を開始した。

 これまでは『カイクラ』の機能でスマートフォンや携帯電話へ短文のメッセージを送信することが可能だった。主に不動産業界では賃料督促などで使用されている。『使えるファイル箱』との連携により、SMSでメッセージを送信した際、Eメールと同様にファイルを添付することができるようになる。

 『カイクラ』は2014年8月からサービスを開始し、100業種、1300社1900拠点で導入されている。今後も働き方改革や業務削減のためさまざまな業界で導入が見込まれており、不動産業界でも400社以上の導入実績がある。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業「任意登録制」にメス

      国土交通省

    2. 急拡大路線から「質重視」へ

      OYO LIFE(オヨライフ)

    3. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    4. 「対応が難しい管理トラブル」とは?

      国土交通省

    5. 中古住宅を割賦販売

      日本不動産割賦販売取引適正運営監視機構

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ