インデンコンサルティング、テレビ電話を使う通訳アプリ

インデンコンサルティング

商品・サービス|2020年01月23日

  • twitter

インデンコンサルティング'(京都市) 斎藤正寛社長(30)

 日本人でも外国語対応が気軽にできる、新しい通訳アプリが賃貸業界でも広がってきている。

 外国人と対面したときに、日本人社員が手元のスマートフォンでアプリを開くと、10秒以内に通訳者が画面上に現る。テレビ電話を介して通訳を行い、現場の外国語対応を容易にするもの。

賃貸業界でも導入の流れ

 そのアプリが、インバウンド総合支援会社・インデンコンサルティング(京都市)が開発した『SMILE CALL(スマイルコール)』。10万円以上の月額料金を支払えば、コールセンターで控えた約150人の通訳者が、24時間365日体制で、利用者のテレビ電話に応答する。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    2. 家賃支援給付金「家主に行き届くことが大切」(自民党・木原誠二議員インタビュー)

    3. スペースリー、VRに問い合わせ5倍

      スペースリー

    4. 全宅連、銀行の不動産業参入に反対

      公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会

    5. AMBITION、不動産テック事業を柱に

      AMBITION(アンビション)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ