コロナで民泊稼働ゼロも

市況|2020年03月23日

  • twitter

オンライン予約画面。キャンセルが続いている

 新型コロナの感染拡大が、最も分かりやすい形で直撃している領域が民泊だ。五輪特需を見込んで開業した事業者から悲鳴が聞こえてくる。

「3月の宿泊者は、今のところゼロ人です」

 こう語るのは、2019年9月に民泊経営を始めて半年あまりの石田耕オーナー(東京都世田谷区)。東京都渋谷区に構えた民泊物件の稼働率が落ち始めたのは、2月下旬から。欧米客の宿泊キャンセルが相次ぎ、80~90%あった稼働率はみるみる減少。3月、ついにゼロ人になった。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    2. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    5. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ