アクロスコーポレーション、契約の電子化 マンスリーで活用

アクロスコーポレーション

商品・サービス|2020年03月29日

  • twitter

 収益不動産の売買仲介を主軸に約1000戸の賃貸管理事業を行うアクロスコーポレーション(大阪市)はマンスリーマンションの契約を電子化している。活用している電子契約システムは『IMAoS』で、1カ月の試用期間を経て、19年10月から本格運用を開始。3月16日までに360件中191件を電子契約で締結した。

翌日入居が容易に可能

 管理物件の多くが好立地の区分マンションであることから、収益拡大を図りマンスリーマンション運営を19年1月に開始。一般賃貸物件のリーシングは他社に任せている一方、自社で担うマンスリー運営は契約業務が負担になっていた。業務効率化を図るべく契約業務の電子化に着手した。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    2. 家賃支援給付金「家主に行き届くことが大切」(自民党・木原誠二議員インタビュー)

    3. スペースリー、VRに問い合わせ5倍

      スペースリー

    4. 全宅連、銀行の不動産業参入に反対

      公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会

    5. AMBITION、不動産テック事業を柱に

      AMBITION(アンビション)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ