阪急阪神不動産、自社ビルでスタートアップ支援

阪急阪神不動産

商品・サービス|2020年03月29日

  • twitter

 阪急阪神不動産(大阪市)は2014年11月より、関西地域の活性化を目的としたスタートアップ支援オフィス『GVH(ジー・ブイ・エイチ)#5』を運営している。現在50社約150人が会員として登録している。

梅田エリア活性化見込む

 場所は阪急電鉄「梅田」駅から徒歩2分の『阪急ファイブアネックスビル』。成長志向の強いスタートアップのオフィスとして提供。会員は24時間365日利用可能で、登記や住所利用も可能なほか、会議室利用やロッカーの貸し出しも行う。ビル内の5階、10階、11階には個室オフィスも用意している。会員となっているのは高校生の就職を支援しているスタートアップから社会問題の解決を掲げるベンチャーまで、領域は多岐にわたっている。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    2. 家賃支援給付金「家主に行き届くことが大切」(自民党・木原誠二議員インタビュー)

    3. スペースリー、VRに問い合わせ5倍

      スペースリー

    4. 全宅連、銀行の不動産業参入に反対

      公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会

    5. AMBITION、不動産テック事業を柱に

      AMBITION(アンビション)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ