経営トップに聞く アフターコロナの賃貸業界

長栄

市況|2020年06月16日

  • twitter

長栄  長田 修 社長(71)

 新型コロナウイルスの影響を、大手管理会社社長はどう捉えたか。「渡航規制解除後に好機が訪れる」こう話すのは京都の老舗企業、長栄(京都市)の長田修社長。入居者からの家賃減額要請や、賃料の低い物件に人気が集まるなど、賃貸業界への影響は少なくない。京都府ナンバー1の管理戸数を誇る同社に、今後、業界内で起きる変化と、事業展開について話を聞いた。

渡航規制解除後に好機あり、外国人入居者3000人目標

留学生70人影響も入居率90%を維持

 2020年に創業40年を迎えた長栄。京都府を中心とした関西圏だけではなく、名古屋や首都圏にも進出し、現在の管理戸数は2万戸を超えている。今年、71歳を迎えた長田修社長は「新型コロナウイルスは、目に見えない敵との戦い。正直、とても怖かった」と語る。バブル崩壊、リーマン・ショック時の混乱にも動じず、事業成長を続けてきた長田社長でも、生命を脅かすリスクがあっただけに、今までにない恐怖を感じたのだという。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ