コロナで変わる管理・仲介 管理システムの最新機能

その他|2020年07月04日

  • twitter

『SP‐CLoud』の管理画面

 賃貸管理会社に欠かせない物件管理システムが進化している。新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、不動産会社スタッフの在宅勤務や、非対面サービスの提供、業務効率化に役立つ機能拡充が求められているからだ。各社の最新機能を紹介する。

在宅勤務に欠かせない遠隔操作

 緊急事態宣言を受けて賃貸管理会社の多くは社員の在宅勤務を実施した。従来、会社のパソコンから管理システムにアクセスして行っていた業務を自宅のパソコンから行わなければならない。入居者や家主とも対面することが難しくオンラインでの対応が必要になっている。これは一時的なものではなさそうだ。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ