コロナで変わる管理・仲介 管理システムの最新機能

その他|2020年07月04日

  • twitter

『SP‐CLoud』の管理画面

 賃貸管理会社に欠かせない物件管理システムが進化している。新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、不動産会社スタッフの在宅勤務や、非対面サービスの提供、業務効率化に役立つ機能拡充が求められているからだ。各社の最新機能を紹介する。

在宅勤務に欠かせない遠隔操作

 緊急事態宣言を受けて賃貸管理会社の多くは社員の在宅勤務を実施した。従来、会社のパソコンから管理システムにアクセスして行っていた業務を自宅のパソコンから行わなければならない。入居者や家主とも対面することが難しくオンラインでの対応が必要になっている。これは一時的なものではなさそうだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ