家賃保証会社、滞納率は微増

市況|2020年07月20日

  • twitter

 コロナ不況は、賃貸住宅の「家賃支払い」の領域にどの程度のダメージを与えているのか。家賃債務保証業務で上場している3社に状況を聞いた。いずれも「(滞納悪化は)微増」だった。国の家賃補助の効果や、そもそもの入居者属性が良いことなどが関係している。実態経済の至るところでダメージを与えているコロナ不況は、これらの家賃債務保証会社にとって脅威にはなっていないことがわかった。

コロナ不況の打撃は限定的

 保証件数が55万件以上のジェイリース(東京都新宿区)では、未入金者に代わって支払い家賃を立て替える「代位弁済率」が、4~5月でやや悪化した。3月の7.1%から、4月は7.3%、5月は7.4%と0.1~2ポイント上昇。しかし6月の代位弁済率は7.1%と3月の水準に回復している。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    2. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ