古い連絡先にご用心【災害対応・経験者から学ぶ5】

駅前不動産、クリエイト礼文

企業|2020年09月11日

  • twitter

7月の豪雨では九州地方などで大規模な水害が発生した

駅前不動産、被害300戸以上で確認手間取る

 いまだ記憶に新しい『令和2年7月豪雨』は熊本県を中心とした九州地方、中部地方など各地で水害や土砂災害をもたらした。

 約1万6500戸を管理する駅前不動産(福岡県久留米市)は、管理する300戸以上の物件が被害を受け、被害状況の確認や入居者の安否確認などスタッフが対応に追われた。得られた教訓が複数あるという。

 発災時、浸水被害に遭った全物件の入居者に連絡し安否確認を行ったが、連絡先が変わって電話がつながらない入居者もいた。そのため入居者情報を常に把握できる仕組みが必要だった。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【その2】賃貸仲介の成約単価・成約率などは会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸仲介編~)

      リライフ, スタートライングループ

    2. 【その3】賃貸仲介の成約単価・成約率などは会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸仲介編~)

      アップスタイル, 平和不動産

    3. 「外国人」「非正規雇用者」に依存するシェアハウスは苦戦(コロナ禍のシェアハウス調査4)

      ジャフプラザ, プティティール

    4. 上村建設、高級感・多様性コンセプトの賃貸住宅発売

      上村建設

    5. クラス、ホームステージング新プラン

      クラス

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ