フェイスネットワーク、居住用不動産への投資堅調

フェイスネットワーク

企業|2020年11月23日

  • twitter

 フェイスネットワーク(東京都渋谷区)は6日、2021年3月通期の売上高を180億円と上方修正した。第2四半期に下期販売予定の物件も売却、下期についても居住用不動産への国内外の投資意欲が堅調なことで増収を見込む。

中間期業績は黒字転換

 利益面は5月22日の前回予想から据え置いた。新型コロナウイルスの感染拡大による営業自粛などで販売機会が制約されたため、当初計画の価格で販売できなかったものがあり第2四半期の利益率が低下。下期の増収見込みと、販売管理費の削減も行うことから当初想定通りの見込みとする。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ