【トピックス】宿泊施設を賃貸へ 必要な手続きは?

日本橋くるみ行政書士事務所, スペースマーケット

その他|2020年12月06日

  • twitter

寝具を取り去りレンタルスペースに変更したホテル

 コロナ禍により、依然、日本の観光業は大打撃を受けている。これまで簡易宿所の許認可を得て宿泊施設を運営してきた物件を、賃貸業にくら替えをしようとした場合、どのような手順が必要になるのだろうか。

自治体独自の条例に要注意

賃貸住宅への変更には3つの手続きが必要

 「まず必要なのは旅館業の廃業届」。

 こう話すのは、住宅宿泊事業法や旅館業の許可の申請サポートを行う日本橋くるみ行政書士事務所(東京都中央区)の石井くるみ代表だ。コロナ禍による観光業への打撃から、簡易宿所など旅館業の許可を取得し宿泊事業を行っている施設を賃貸住宅化しようとする動きがある。実際に転用する場合には管轄の保健所に対し、まず廃業届を提出しなくてはならないと石井代表は説明する。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ