【実態調査】付帯商品の売上は全体の何%?①

ウィルハウス, 具志堅興産, 不動産システム

企業|2020年12月15日

  • twitter

 賃貸管理・仲介において、各社の取り組みはさまざまだ。積極的に販売し、成約単価の向上に努め、大事な収入源の一つとする企業もある。その一方、入居率の低下を懸念し、客付けを優先させているために、あえて売り込みに消極的な企業もある。今回は管理戸数約5000~2000戸台のウィルハウス、具志堅興産、不動産システムの付帯商品の販売状況や、取り組みを取材した。

ウィルハウス、付帯商品の売上は全体の10%

 管理戸数5100戸のウィルハウス(大阪府堺市)は、全体売上高(非開示)のうち付帯商品売り上げを含む賃貸仲介業が50%と半数を占め、内訳の1番目に位置する。次いで、賃貸管理業が40%、残り1割が手数料売り上げで10%となる。この手数料には、ハウスメーカーのシリーズ物件における入居率に応じた管理料が報奨金という形で含まれる。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ